やちむんの特徴

お土産としても人気の焼物

沖縄の方言で焼き物を意味する「やちむん」、その歴史は400年以上も前の琉球王国までさかのぼります。海外から陶磁器が持ち込まれて焼き物の技術が発展していき、それが今日の「やちむん」の原点になったそうです。ぽってりとした厚い形、ダイナミックかつ素朴な絵付けが特徴であり、古くから沖縄の人々の生活に根差し親しまれています。魚や植物など沖縄の風土を象徴するような絵柄が多く、優しい色合いで温かい雰囲気もあることから、土産物としても高い人気を誇ります。近年では、水玉や唐草模様など可愛らしいデザインのものや、コーヒーや紅茶などを飲むのに適したおしゃれなマグカップなど、さまざまなデザインのやちむんが登場しています。

荒焼と上焼の2種類ある

やちむんには大きく分けて、荒焼(あらやち)と上焼(じょうやち)の2種類があります。荒焼は、釉薬をかけずに焼き上げられ、あまり装飾の施されていない土の風合いを残した素朴さが特徴です。食器よりも壺や水瓶などの大型作品が中心となっており、泡盛を保存するために荒焼の甕(かめ)を用いることもあるそうです。一方、上焼は釉薬をかけて焼き上げられ、食器や酒器、花器などの小型の作品が多く、現在のやちむんの主流となっています。釉薬には、水漏れを防いで汚れをつきにくくする効果があり、日常に使用する焼き物に最適なのです。また、透明釉や呉須などのさまざまな釉薬があり、焼き方によって色が変わるためデザインの幅も広がります。

沖縄は冬に暖かい気候下で過ごせます。また、飛行機の運賃が安い傾向にあるため冬に沖縄ツアーに参加してみるのもおすすめです